速度制限自体はありますので

WiMAXサービスを利用していて感じる利点は、いくつかある様に感じます。具体例を挙げると、モバイルインターネットですから、任意の場所でインターネットを行なう事が可能です。

次に思い浮かぶのが、無線なので、インターネット開通の為の回線工事は行なう必要がありません。 続きを読む


前々から気になっていたWiMAXサービスですが

Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02とは、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が改良されたWiMAX端末です。

そのワケとして、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が二倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が著しかったからです。ですので、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく搭載されました。 続きを読む


モバイルのイメージとしては

新たにWiMAXサービスを導入した事で、私の日常は大きく一変しました。一番変化が大きかったのが、スマートフォンで7G制限を気にする必要がなくなりました。
Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマホで使用出来る通信量は浪費しなくなった訳です。ですので、スマートフォンサイトにムービーが設置されている場合であっても、ヒヤヒヤせず普通に観れる状態になりました。

続きを読む


ぷららモバイルLTEの通信速度なのですが

モバイルのインターネットサービスには、WiMAX以外にも様々なサービスが存在します。具体例を挙げると、速度制限無しを掲げるぷららモバイルLTEがあります。

速度制限が無いサービスではありますけれども、3Mbps程度の通信速度でしか通信を行なう事が出来ません。

続きを読む


WiMAXサービスを運用するプロバイダなんですけど

WiMAXと言うインターネットサービスの提供元は、auの子会社のUQコミュニケーションズです。
と言う訳で、auと連携したサービスが複数存在します。
そんな中で代表的なものが、auスマートバリューmineとなります。WiMAXサービスの契約を行った後にauにて手続きを行なうと、auの月額料金が割引きされるサービスです。

続きを読む


5分程度の動画を数日に一回程度視聴する位でしょう

WiMAXのサービスをを提供するプロバイダは、数社あります。契約するプロバイダ単位でキャンペーンや契約内容が違いますので、その点、気を付ける必要があります。具体例を出すと、様々なネットサービスを無料で利用したいと考えている方は、PEPABO WiMAX 2+が合っています。

つまり、それぞれの契約先で契約の内容が異なりますから、プロバイダ選びは慎重に行なうようにしましょう。 続きを読む


ラインナップされる新製品は次々と登場し

WiMAXサービスを運営しているプロバイダの中でも、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+を思い浮かべる方は少なくないです。GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っていて、そのラインナップの多さも評判の秘密です。

だけど、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる最も大きな理由は、業界の中でも最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。
尚且つ、保証体制もしっかりしていて、それが人気を支える大きな要因となっているのです。 続きを読む