女優の唯月ふうかさんが舞台けいこで落下、眼窩底骨折

女優の唯月ふうかさんが16日、大阪市内の劇場で
主演ミュージカル「ピーターパン」の舞台けいこ中に
宙づりの状態で3メートルの高さから落下。
入院し精密検査の結果、左眼窩底吹き抜け骨折と診断されたそうです。
フライングのシーンで逆さまの状態で降下中、
1メートルの位置で泊める予定がスタッフの操作ミスから
止まらずにそのまま落下してしまったとか。
眼窩底吹き抜け骨折の眼窩は、眼球が入っているくぼみの部分を
指していて、ボクシングなどの格闘技や球技関係の選手らにも
多い怪我だそうです。
底が抜けるような形になるために吹き抜け骨折とも言われるとのこと。
損傷がひどいと眼球運動に障害が生じる可能性もあるそうで、
唯月さんの怪我の程度が心配です。
まだ19歳という年齢の唯月さんは、
女優としてこれからまさしく花開いていく年齢です。
アコム自動契約機でいくらお金を借りてきても、
この事故をなかったことにはできないのが大変つらいです。
どうか今後の女優活動に支障がない程度の
怪我であることを願いたいですね。