自己資金として必要だったお金は予想以上に多かった

不動産会社の広告には、初期資金がゼロとか、初期資金が少額であることを宣伝しているものを見かけたことがあります。私が分譲マンションを購入する時は、出来れば全額を住宅ローンとして融資を受けたいと考えていました。でも、住宅ローンの審査は通りましたが、全額の融資を受けることはできませんでした。私が融資を受ける上で、1割は自己資金として支払わなければいけなかったのです。私は、不動産会社の方からは全額に近い額を融資してもらえるかもしれない、全額に近い額を融資してもらう予定で手続きをしていました。そのため、その連絡をもらった時は、呆然としたことを覚えています。私が自己資金として支払ったのは、合計で200万以上でした。この金額を支払った後の私の銀行口座は文字通り空っぽでした。今同じ状況が起こったら、同じように支払えていたかどうか分かりません。もしかしたら、諦めていたかもしれません。不動産を購入するのは、人生の中で大きな買い物です。実際に購入してから思いますが、買い物にはちゃんとした支払いに対する計画性が必要だとしみじみ思います。
家を売る際の相場とは?