紫外線と肌と影響について

今では、太陽光に含まれる紫外線を肌で受けていると、肌がダメージを負うことは、広く知られています。人の肌は、紫外線から肌細胞を守るために、独自の反応を示すようにできています。肌には表皮という部分がありますが、この表皮の基底層では、メラニン色素を増やすメラノサイトが活発に活動をしています。

メラニン色素は順調な皮膚状態を維持している人なら、スムーズな排出がされるものです。ただし、ターンオーバーがうまく行われていないような時には、メラニン色素は皮膚に留まるようになるといいます。お肌にしみができたり、肌全体がくすんで見えるようになる原因は、肌の深層にメラニン色素が留まっているためです。長い時間、日差しの下で紫外線を浴びていると、日焼けの程度は激しくなって、メラニン色素の生成量も多くなってしまいます。紫外線の作用でメラニン色素が多くなると、肌トラブルや、日焼けが強くなりますので、美白や美肌のためには逆効果です。紫外線は、皮膚の保湿力を低下させる働きもあるといい、肌に対してはよくない効果を及ぼすことが多いようです。肌の水分量が減ってくると、皮膚にはさまざまなトラブルが引き起こりやすくなります。紫外線を浴びると、皮脂膜や、細胞間脂質など、肌の大事な細胞が損傷を受けてしまいます。強い紫外線の影響でダメージを受けた肌は、保湿力が低下して、肌トラブルからの回復も遅くなり、しわやくすみが多くなります。
ピーチローズ おしり 効果